家の窓を現環境に合ったものにリフォーム
2021年12月31日

お風呂のリフォームをする

お風呂のリフォームにはいくつかの方法があります。部分的に行う方法や、ユニットバスにする方法などがあります。それぞれにメリットがあるため、最も適したリフォームを選びましょう。たとえば木造住宅の浴室は、傷みやすく在来工法ではカビが発生しやすくなります。

部分的な方法とは、既存のお風呂のタイルを張り替えたり、浴槽を取り替えたりして行います。築年数が古いと、土台部分の木材が腐敗していることもあります。そのような場合は適していません。ユニットバスについては意外に正しく知られていません。

ユニットバスのことをトイレとお風呂が一緒になっているタイプと勘違いしている人もいます。そうではなく、壁と床、浴槽が一体化されているタイプを指します。簡単に言えば、はめ込み式です。お風呂があった場所にそっくりはめ込むため、工期も短くてすみます。

デザインは限られています。木製の湯船やジャグジーバスなど、個性的なお風呂にしたい場合は在来工法が適しています。自由なデザインを採用できるでしょう。リフォームを検討する際、老後のことも考慮に入れるかもしれません。

年齢と共に足腰が弱ってきます。安全に入浴できるような設計が必要です。浴室乾燥機がつけると、湿気がこもりにくくなるため掃除も楽です。若くて元気な時は掃除も苦になりませんが、だんだん大変になってくるので手入れのしやすさも考慮にいれましょう。

リフォームを成功させるためには、必要にかなった納得のいくデザインにすることが大切です。もちろん信頼できる良心的な業者に依頼することも欠かせません。防熱の窓のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です