台所の蛇口などに使われているパーツは、大体7年から10年で寿命を迎えます。使い方や環境によっては15年以上持つ場合もありますが、取り付けられてから10年も経つと何らかの不具合が出てきます。蛇口の中にあるパッキンなどの部品が消耗して、水漏れなどのトラブルを起こします。もし洗い物などをしている最中に水漏れを見つけたら、すぐに止水栓を時計回りに回して水を止めて下さい。

止水栓が見つからない場合は元栓を閉めて、家または部屋全体の水を止めて下さい。水漏れをそのままほっといていると、気が付いた時には床や家具が水に濡れて傷んでしまっているかもしれません。マンションやアパートなどでは床にしみ込んだ水が、下の階に漏れてしまう可能性もあります。トラブルが大きくなる前に、まずは水を止めてできるだけ早くを修理をして下さい。

昔からある2ハンドル水栓の蛇口の場合は構造が単純なので、パッキンなどの部品の交換だけでトラブルを解決できる場合もあります。パッキンなどの部品はホームセンターで購入することが可能で、サイズさえ合えばメーカーが違っていても問題はありません。素人でも比較的簡単に修理できます。シングルレバー式水栓やサーモスタット式水栓の蛇口のトラブルは、そのほとんどが中にあるバルブカートリッジの故障にあります。

カートリッジはメーカーにより形状が違い、他のメーカーのものは取り付けられません。また内部構造が複雑なので、専門の知識かあるプロに修理をお願いするのが最善です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です