日常で使用する蛇口は、水漏れがあると不便で仕方ありません。必要以上に水を使ってしまうので、水道代も余計にかかってしまいます。原因や状況によっては、業者に依頼せずに自分で修理できる場合があります。自分で修理できるかどうかを見極める方法や、応急処置の方法を知っておきましょう。

蛇口の水漏れを自分で修理する場合、まずはどの程度のトラブルが起きているのかを把握することが重要です。水漏れの勢いが弱く、チョロチョロと細く流れていたりしずくがポタポタ垂れている時は、自分で直せる可能性が高いと言えます。使用している蛇口の構造が分かっていて、どこに原因があるかがはっきりと分かっている時も、不具合の箇所を交換するなどの対処が可能です。また、蛇口の各パーツを容易に取り外すことができる構造の時も、自分で修理することができます。

水の勢いが強かったり原因がわからない時、パーツや部品が自分では取り外せない場合は、業者に依頼することをおすすめします。自分で水漏れの対処をする場合、本格的な作業に入る前に応急処置を施しておくことが必要です。家の中で水漏れが起きたら、作業前に止水栓を閉めて家全体の水を止めて、作業中に水があふれ出てしまうことを防止します。アパートやマンションなどの賃貸物件は、部屋ごとに止水栓を閉めることができますが、作業に取りかかる前に、管理会社へ連絡を入れるようにしましょう。

蛇口は、床下で複雑な構造をしているものも多く、修理が難しいケースが多々あります。自分ではあまり無理をせず、専門業者を活用すると安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です