蛇口からの水漏れは簡単なものなら自分で修理することも可能で、劣化した部品の交換やパッキンやカートリッジなどの交換、中には本体を丸ごと取り換える方法もあります。部品の破損で代替え品が準備出来る場合や、本体を取り外して新品へと交換できるならそれほど難しくはありません。ただ、さびが酷くて外すことが出来ないときや、どんな部品を買えばいいかわからない、外の部分も破損や劣化しているときは慣れてないと自分で行うのは難しくなります。比較的簡単な蛇口の水漏れの修理方法だと、シンブルレバータイプなら主にバルブカートリッジの劣化や破損が原因です。

これは主に水温調節を行い混合水栓の胴体部分に入っていて、根本部分やレバーのつなぎ目から起きているときはカートリッジが原因の可能性があります。ただ、これも全てとは言えず、ゴムパッキンの劣化や取り付けが緩くなっていることでもなります。ハンドルをひねって出す混合水栓だと、蛇口の水漏れ修理で多いのはハンドル部分のゴムパッキンの劣化が原因です。シングルレバータイプより構造が比較的単純で、初めてでも自分でパッキン交換はしやすいです。

ただ、本体ががたついているときはパッキン劣化ではなくて別に問題が起きてます。また、洗面台でもレバーが分かれているセパレートと、キッチンと同じくレバーと吐水口が一体型のタイプがあります。どちらでもレバーや根元から起きているならバルブカートリッジが原因で、他にもパッキン劣化や接続が緩くなっていたりします。シャワーヘッドが付いているときは、ヘッドの内部のパッキンに劣化が起きていたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です