蛇口の水漏れ修理が起きたときは、ハンドルタイプならスピンドルやレバータイプだとバルブカートリッジの交換で直ることが多いです。ただ、スピンドルを新しくしても直らないときは、他の場所へ問題が起きていてその時に最も原因と考えられるのがスピンドルの下にあるケレップです。特に固定はされてないのでスピンドルを外した後に、ケレップを取り除いて型にあった新品と交換することで直ります。これは分解や組み立て方法はスピンドル交換と殆ど一緒なので、スピンドル交換のときに一緒にケレップを新品するのがおすすめです。

ホームセンターだと水栓コマという名称で置かれていたりするので、わからないときは店員に聞いてみて、あとは型番を確認することも大切です。劣化や破損した部品が交換で新品へと修理すると蛇口の水漏れもなくなりますが、この状態を長持ちするにはコツがあります。閉めるときによく強い力でぎゅっと閉めすぎなほど締めたりしますが、これを何回も続けていると早い段階でケレップが破損する原因になります。乱暴な力で使い続けるとケレップ以外のパーツも普通に使っている時よりも劣化が早まって、短期間で交換する必要があるので閉めすぎないで通常の範囲内で使うことが長持ちのポイントです。

蛇口の水漏れの修理は、パッキン交換など簡単なものなら自分で部品を買ってそれを交換することで手軽に行えて費用も抑えることが出来ます。ただ、慣れてない場合や原因がわからないときは業者へ依頼したほうがいいです。堺のトイレの水漏れのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です