ウォーターサーバーの水で赤ちゃんのミルクを作りたいと思う人はたくさんいらっしゃいいます。ウォーターサーバーなら安全性は高いだろうと思うのは自然なことです。これができるのかどうかというと、日本で普及しているものなら問題はないでしょう。逆に、その方が適していると考えられます。

赤ちゃんのミルクを作るときには水を沸騰させることが多いです。その目的は殺菌することです。ウォーターサーバーは温かい水が常に出ますから、わざわざ沸騰させて殺菌する必用はありません。また、紫外線で殺菌する装置がついているものもありますから、安全性の高い水が欲しいのならこのような機能はおすすめです。

水道水には塩素が少し含まれています。殺菌をするためには仕方のないことです。もちろんですが安全性に関する基準はクリアしていますから問題はないのですが、念のために塩素のないものが欲しいという人なら、ウォーターサーバーの方が適しています。塩素が含まれていませんから、安全性の面では優れています。

ただ、赤ちゃんのミルクを作るときには、カルシウムやマグネシウムは好ましくないと考えられます。ですから、カルシウムやマグネシウムの少ないものを選ぶのが良いです。たとえば、ほぼ純粋に近いRO膜水を選ぶのは良い方法です。RO膜水は特殊なフィルターでほぼ純粋な水にしたものですから、、いろいろなイオンが含まれておらず、害を及ぼす可能性はきわめて低いと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です