ウォーターサーバーは大きく分けて天然水とRO膜水との二つになります。天然水とは、天然で採取された水をできるだけ加工せずにボトル詰めしたものを指します。濾過や殺菌など、安全性に配慮した一部の処理はなされますが、ミネラルを調整するなどの処理は行われません。ですから、ほぼ天然の状態が届くと考えられます。

RO膜水とは、RO膜という特注なフィルターを使って不純物を除去したものを指します。ですから、ほぼ純粋な水になります。かつては天然水のほうが割高でしたから躊躇した人もいるようですが、最近ではかなり安くなってきていますから、RO膜水を利用するか天然水を利用するのかでそれほど大きな違いはありません。おいしさで言えばやはり天然水のほうが適しています。

水がどのように配達されるのかによっても種類に分けられます。わざわざ重い水を運ばなくても良いというのがウォーターサーバーのメリットですが、どのようにして配達されるのかを知っておく必要があります。配達の仕方については、定期的に配達されるものと、注文をすれば配達されるものとがあります。ボトルの種類にも違いがあります。

リターナブルボトルは、使い終わったボトルを業者が回収しに来るものです。ワンウェイボトルは使い捨てです。ウォーターサーバーを利用するに当たって、ボトルをどうするのかは先に考えておくべきでしょう。使い捨ての方が楽だと考える人もいますし、いちいち捨てに行くのが面倒だという人もいますから、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です